2017年現在で見つけた高い時給の一覧

時給6,000円
画像拡大で見る

時給5,500円
画像拡大で見る

時給5,000円
画像拡大で見る


左端のものは、北海道函館市で薬剤師のパート求人で掲載された時給6,000円以上のものです。 画像は拾った時点で所在地と勤務先がモザイクが掛かっていたので詳細は不明ですが、これは調剤薬局の派遣ということになります。 一風変わったのが渡航費用OKというフレーズで北海道の相場らしさが感じられます。 次に高い時給が5,500円で真ん中のもので、地方の三重県津市になります。 この画像は過去の求人を検索できるサイトで結果だけをキャプチャしたもので現在はページが存在しません。 確認できるタイトルの見出しでは6,000円とあります。 その下に5,500~6,000円と小さく記載されていたので次点の2位にしておきました。 薬剤師で高い時給をネットで探していて気付いたのです。 三重県津市はこのほかにも高い相場の地域が不思議と多く、これは並べると東京よりも平均して地理的にかなり高騰しているのかもしれません。 3番目が右端で、愛知県豊川市の派遣による調剤薬局です。 近場での応募が少ないのか、経験なしでも遠方から引っ越してきて新築の社宅に住んでもらう壮大な計画でいるようです。 残業なしの週実働27.5hで年収720万円と平均でなく、想像以上の破格な待遇になっています。

薬剤師と思えない低い時給の求人一覧【1,500円以下】

時給4,000円とか5,000円は地域を選ばなければ多数ある

Googleで「薬剤師 時給」と検索するとサジェスト(選択補助)として「4,000円」「5,000円」と出てくるのは、そのタイプのキーワードを検索する派遣希望の人間がネットユーザーとして多い証拠になります。 各社のマーケティングをしていて、全国の平均の相場は2,000円なのです。 実は時々信じられない高い金額が求人で提示されていたりします。 このような突出したパートのラッキーな案件の出現を考えている方が少なくはないのでしょう。 しかし需要が多い大都市の東京と比較して決まって地域が田舎で交通の便も悪そうです。 薬剤師として社宅に入って出稼ぎ感覚での就労になるケースが、今では平均なのです。 収入優先の方は大手の派遣に登録していくつかの案件を紹介してもらうことです。 年収が高い多くの数の中から思案して選択することができます。

薬剤師の時給と処方箋枚数が関係あるか調べてみた



シフトの勤務体制で人数が多いのが高い時給の特徴

調剤薬局で1人から10人くらいまで規模により差がありますが、高い時給や年収の地域は薬剤師が7人とか多いことが特徴です。 事情をマーケティングしていて平均では2名体制の受付が多かったので、5名以上の派遣だと大型店になりそれだけ収益が見込める証拠になります。 1日の処方箋枚数が多く見込める大型病院の側であるケースが考えられます。 それだけ経験豊富な薬剤師のパート確保として時給の人件費にお金を十分に掛けれるのでしょう。 規定では1日の処方箋は40枚が1人の限度とあり遵守しているところが多いのでしょう。 人間関係で見えない摩擦が多い業界であることもあります。 特に東京では離職率の平均が他より高い、欠員によって懇意にして頂いている病院に迷惑は掛けれない事情が求人の相場の高騰の原因なのでしょう。

薬剤師の時給【1,300円から6,000円】掲載画像あり



~薬剤師の高い時給案件の探し方~

他では存在しない高額の求人が非公開である!