1,300円から1,500円までの低い時給

時給1,300円
画像拡大で見る

時給1,400円
画像拡大で見る

時給1,500円
画像拡大で見る

一番低い薬剤師の時給は1,300円で鹿児島県姶良市のものです。 勤務先が病院か調剤薬局かは不明ですが、相場よりもかなりボッタクリのような気もします。 条件が未経験可で新卒可なので、ベテランでなくてもいいので安い人件費で求人したい意図が読み取れます。 真ん中は兵庫県明石市の病院勤務のもので時給が1,400円と二番目に低い求人です。 これは派遣でもハローワークでもなく、病院の公式ホームページでの掲載なので他者との兼ね合いを考えずに低い金額を設定したのではないでしょうか。 3番目に低いものは宮城県仙台市の1,500円になります。 念のために注意書きで、1,500円は有資格者で未経験者の場合とここには既に記載されています。 長期のブランクOKとかあり、既に経験のある薬剤師は面談の上に決定とあるので、どの経験値の層を募集しているのでしょうか。

沖縄県VS奈良県【薬剤師の時給】都道府県別

低い時給で求人してしまう経営事情

薬剤師で低い時給といっても、多業種の一般なら高い部類に入ります。 1,500円以下を東京都内で無理矢理探そうとしたら不可能になります。 何故に低い賃金での求人が存在してしまうかというのが気になるところで、恐らく利益がない経営事情で人件費に会社のお金を払えないのでしょう。 金銭的に支払う余裕がないので、派遣会社に登録の依頼できない、無料配布のアルバイト雑誌等に掲載できない、仕方ないので自社のアクセスがないホームページに掲載するといった経緯でしょう。 下記の案件も含めて言えることですが、高齢者や未経験者や長期のブランクの人でもいいので、可能な限り低い賃金で長時間働かせたいというブラック企業なのでしょう。 時給としては低い順としては、無料で掲載できるか否かが基準になるのです。 ハローワークの端末検索も注意する必要があります。 もし現在1,500円とかで無理に働いているようでしたら、試しに派遣で登録して相場を見るみのがお勧めです。

薬剤師はパートよりも派遣の方が2倍も時給が高い理由


ドラッグストアでの薬剤師時給【トップ10】


薬剤師が飲料水の仕分け作業で時給1,400円

キャプチャ画像

ランキング順位には載せなかったのですが、常識では変わったバイトとして薬剤師に飲料水の仕分けをしてもらうものがありました。 低い時給で、驚きの1,400円です。 アルバイトなら納得でしょうが、国家資格保有者を軽視しているようなものです。 おまけに小さく「往復の交通費は給与に含む」とありますので、正確に計算すればもしかしたらこの案件が1位なのかもしれません。 自動車普通免許が就業に必要な理由としては、医薬部外品の仕訳伝票を扱うからとありますが、全国で他所はどうしているのでしょうか。 また、他にないアピールとしては「誰もが知っている飲料水メーカーの仕分け」とありますが、商品の内容はどうでも良いのが分からないのでしょうか。 駄目押しとして、タイトル欄に「50~60代歓迎」とあるので、この時給で真面目な薬剤師が集まらないのは知っている確信犯なのでしょう。

薬剤師の時給【1,300円から6,000円】掲載画像あり